“勝ちにこだわれ”浦和指揮官、多彩な罰ゲーム

[ 2011年2月7日 06:00 ]

 J1浦和のペトロヴィッチ監督がミニゲームなどの勝敗結果でバラエティーに富んだ罰ゲームを科す方針を打ち出した。

 練習から勝負にこだわりを持たせるのが狙いで「負けた方が勝った方をおんぶして走るとか、負けた方が全員でゴールを持ったまま走るとかね。アイデアはいくらでもある」とニヤリ。それを伝え聞いた若手は「勝てばいいんでしょ?」(原口)「ユースの時にもそういうのがあったから大丈夫」(山田直)とそれぞれ前向きに?受け止めていた。

 ≪代表組の合流日変更≫アジア杯に出場した代表組の合流日が変更となった。当初は13日の予定だったが、DF永田、DFスピラノビッチは「自分から出たいと言ってきた」(ペトロヴィッチ監督)と鹿児島・指宿キャンプ初日のあす8日からの合流が決定。ぽっこりおなか疑惑が出ていたMF柏木に関しては「2キロやせていた。もうダイエットの必要はない」と話し、予定通り13日に合流させる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年2月7日のニュース