“因縁の一戦”以来 あの駒野がPKを蹴る

[ 2011年1月20日 10:20 ]

 駒野がついにPKを蹴る!!日本中が涙した昨年6月のW杯南アフリカ大会、決勝トーナメント1回戦・パラグアイ戦から7カ月。磐田DF駒野が“因縁の一戦”以来、初めてGKとの1対1の勝負に挑む決意を固めた。

 磐田は新体制発表とファン感謝イベント、出陣式を兼ねた「2011ジュビロデー~1・2・3・ダァー~」を23日、浜松アクトシティで開催する。目玉はファン感謝イベントのDF駒野とサポーターとのPK対決だ。残念ながらテレビゲームでの対戦となるが、右足ではなく右手!?から放たれるキックに注目が集まるのは必至。関係者によれば、駒野自身もサポーターが喜んでくれるならとキッカーの“大役”を引き受けた。磐田チームのGKは川口が務め、W杯日本代表コンビがサポーターの挑戦を迎え撃つ。

 昨年は約1800人を集めたジュビロデーだが、今回は3000人規模の会場を用意。選手とファンとの“ふれあい”を趣旨としており、ほかにGK八田やFW山崎、MF山本康らのコスプレ「AKB48」などを企画。本職のサッカーはもちろん、今年のイレブンはサポーターのためなら全力で体を張る!!

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年1月20日のニュース