カタール戦へ戦術徹底 本田圭「のまれず 受け身にならず 挑む」

[ 2011年1月20日 08:32 ]

準々決勝のカタール戦へ向け、調整する本田圭

 サッカーのアジア・カップで2大会ぶり4度目の優勝を目指す日本代表は19日、カタールと顔を合わせる21日午後4時25分(日本時間同10時25分)からの準々決勝へ向けてドーハで調整し、中盤の連係を入念に確認するなど戦術の徹底を図った。

 左足首捻挫で17日のサウジアラビア戦を欠場したMF本田圭(CSKAモスクワ)も故障の影響を感じさせない動きを見せた。開催国との対戦に向け「雰囲気にのまれないようにしたい。受け身にならず、挑んでいきたい」と力強く話した。

 日本はカタールと過去7度対戦し、通算1勝4分け2敗と負け越している。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年1月20日のニュース