FW10番が追放…カタール“内紛”勃発

[ 2011年1月20日 06:00 ]

アジア杯準々決勝 カタール―日本

(1月21日 カタール・ドーハ)
 国から強力援護を受けるカタールだが、チーム内では“内紛”が勃発していた。18日の練習中に10番を背負うFWヤセルがチームの方針をめぐってメツ監督と口論。そのままカタールを離れて所属クラブのザマレクのあるエジプトに戻った。

 関係者は「監督と考え方が合わずに追放されたようだ」と説明。ヤセルは8日のウズベキスタン戦に先発したが、12日の中国戦、16日のクウェート戦では出場機会はなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年1月20日のニュース