前田で高さ封じ!守備でもエースの自覚見せる

[ 2011年1月20日 06:00 ]

バランスボールでトレーニングする前田(右は藤本)

アジア杯準々決勝 日本―カタール 

(1月21日 カタール・ドーハ)
 サウジアラビア戦で2得点を挙げた日本代表FW前田が、攻撃面以外で重要な任務を授かった。

 セットプレーでの守備ではA組の1次リーグ最終戦クウェート戦で先制ヘッドを叩き込んだ身長1メートル83のDFビラルのマークに付くことが有力。ザッケローニ監督からも直接指導されただけに「ボールとマーカーをしっかり見ろということ」と守備面でもエースの自覚を見せる意気込みを示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年1月20日のニュース