元浦和 ワシントン現役引退 思うような動きができない

[ 2011年1月14日 14:30 ]

 サッカーの元ブラジル代表でJ1浦和でも活躍したFWワシントン(35)が13日、現役引退を表明した。新華社が報じた。左足首の痛みで思うような動きができなくなったためだという。

 2005年に東京V入りしたワシントンは、浦和に移籍した06年に26点で得点王になった。07年12月にブラジルのフルミネンセに移籍。昨年は全国選手権制覇に貢献した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年1月14日のニュース