金沢、琉球、讃岐がJリーグ準加盟申請

[ 2011年1月11日 20:24 ]

 Jリーグは11日、準加盟申請を締め切り、日本フットボールリーグ(JFL)のツエーゲン金沢とFC琉球、今季からJFLに昇格するカマタマーレ讃岐の3クラブが申請書を提出したと発表した。今後は書類審査や聞き取り調査を経て、2月の理事会で承認されれば準加盟が決まる。

 現在は町田ゼルビア、V・ファーレン長崎、松本山雅FC、神奈川県リーグのSC相模原の4クラブが準加盟している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年1月11日のニュース