5日は完全オフ ジュネーブの休日で英気

[ 2010年6月4日 06:00 ]

 日本代表が5日を完全休養に充てることになった。4日のコートジボワール戦後に1度ザースフェーに戻り、翌日をオフにする予定。南アフリカへの出発地ジュネーブ市内にホテルを予約し、午後10時の出発前までフリータイムとなる。国内合宿を開始した5月21日から1度も完全オフはなかっただけに、実に16日ぶりの休日。家族らと時間を過ごすことも許されるため、絶好のリフレッシュタイムとなりそうだ。

 南アフリカ入り後は治安の問題もあり、選手は自由に外出することができない。関係者は「5日は完全オフの予定。家族らとゆっくり過ごすW杯前の最後の時間になる」と説明した。“ジュネーブの休日”で英気を養い、決戦の地に入る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2010年6月4日のニュース