イングランド代表DFファーディナンドが負傷

[ 2010年6月4日 23:37 ]

 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場するイングランドのカペロ監督は4日、主将を務めるDFファーディナンドが南アフリカのルステンブルク近郊での同日の練習中に左ひざを痛め、病院に運ばれたことを明らかにした。同監督は「検査のために病院に行った。どうなるかを見守るしかない」と話した。

 またMFバリーは右足首を痛めた先月5日以来初めて練習に参加した。同監督は「足首の様子を日々見ながら、練習をより激しく、強くしていく」と今後の方針を示した。(AP=共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2010年6月4日のニュース