“喜びの歌”浦和サポにFC東京がクレーム

[ 2009年11月9日 06:00 ]

<FC東京・浦和>多くの横断幕を掲げて応援する浦和サポーター

 【FC東京0―1浦和】FC東京の村林社長が、浦和の橋本社長に対し「何ですか、あれは」と一喝する一幕があった。Jリーグでは選手退場後、サポーターの速やかな退場がルール化されている。

 だがこの日は勝利に沸く浦和サポーターが10分以上、歌い続けていたため、村林社長はサポーター同士のトラブルを懸念。「挑発行為とも取られかねない。(浦和側が)退散を促しているようにも見えなかったので橋本社長に指摘しました」。マッチコミッショナーを通じJリーグにも報告されるという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2009年11月9日のニュース