吉田沙保里 引退の可能性示唆「引退も頭の中には出てきた」

[ 2016年8月23日 06:51 ]

表彰台で涙を流す吉田

 リオデジャネイロ五輪レスリング女子53キロ級で銀メダルだった吉田沙保里(33=フリー)が22日、リオデジャネイロの空港で報道陣に対応し、引退の可能性を示唆した。

 去就について「今はすぐやる気にはならない。引退も頭の中には出てきた。今まで引退というのは全然なかったんですけど」と引退の可能性を口にした吉田。レスリング日本代表の栄和人チームリーダー(TL)が言及していたコーチ就任案については「それもあると思う。後輩たちを教えながら、ゆっくりと相談しながら考えていきたい」と話した。

 試合翌日の一夜明け会見では「思い出すと悔しさがこみ上げてくるが、時間がたてば大丈夫。また次に向けて頑張ろうと思った」とし、4年後の20年東京五輪についても「できれば目指していきたい」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「女子アイスホッケー代表 スマイルジャパン」特集記事

2016年8月23日のニュース