松本薫 大野将平の金メダル見つめ「くそ~、甘酸っぱい気持ちでいっぱいです」

[ 2016年8月9日 12:06 ]

銅メダルを掲げ笑顔の松本

 柔道の女子57キロ級で銅メダルを獲得した松本薫(28=ベネシード)と男子73キロ級で金メダルを獲得した大野将平(24=旭化成)が、9日放送のフジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に生出演。大舞台での戦いを振り返った。

 大野は五輪初出場で金メダル。「自分の持ち味が出せました。5試合とも投げて勝つことができたのでよかったです」と充実の表情で語った。

 一方、松本は「やっぱり金メダルが…」と五輪連覇を逃した悔しさを率直に吐露。隣に座る大野の金メダルを見つめ、「大野の金メダルを見れば見るほど…、くそ~、甘酸っぱい気持ちでいっぱいです」と笑顔で語った。

 また、小倉智昭キャスター(69)から今後について聞かれた松本は「まだ考えられてないです」と進退については明言せず。金メダルを獲得したロンドンからの4年間を「ゼッケンが金に変わるので、その重みがとても大きかったですね」と振り返った。

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「五輪社会」特集記事

2016年8月9日のニュース