PR:

シリア人など10人 難民選手団に観客から大拍手

「難民五輪選手団」のユスラ・マルディニ選手(左)

リオデジャネイロ五輪開会式

(8月5日 マラカナン競技場)
 特別参加の「難民五輪選手団」もリオ五輪開会式の舞台に立った。シリア2人、南スーダン5人、コンゴ(旧ザイール)2人、エチオピア1人の10人。ホスト国ブラジルの前に入場行進すると、会場からひときわ大きな拍手が起きた。

 シリア出身で現在はドイツに身を寄せる競泳女子のユスラ・マルディニ(18)は、トルコから密航業者のボートで欧州を目指す際、定員超過で沈みそうになり、エーゲ海に姉と飛び込んで4時間近くボートを泳いで引っ張った。この日は一歩一歩、喜びをかみしめるように笑顔で歩いた。

[ 2016年8月7日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      2020年東京五輪

      2018年平昌五輪