羽生 視聴率でも驚異的!深夜3時前に瞬間最高13・4%

[ 2014年2月14日 10:48 ]

力のこもった演技を見せる羽生

 ソチ五輪フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)が14日未明に行われ、日本期待のエース羽生結弦(19=ANA)が世界最高得点を叩き出した演技を披露したが、視聴率も驚異的な数字をたたき出したことが分かった。

 14日、ビデオリサーチの調べで、演技直後のNHK総合の視聴率が、深夜3時前にもかかわらず瞬間最高で関東地区13・4%、関西地区15・3%を記録。日本国内の期待の高さをうかがわせた。

 男子フィギュアスケートSPは3区分でNHK総合で放送され、13日午後11時55分から1時間55分で平均13・9%(関西地区12・8%)、午前1時50分からの1時間50分で平均11・9%(関西地区12・9%)、午前3時40分からの1時間50分で平均12・9%(関西地区13・0%)だった。

 瞬間最高は“皇帝”プルシェンコが棄権した直後の同0時55分など2時点の15・7%、羽生の演技直後の同2時48分など2時点の13・4%、町田樹(23=関大)の演技から得点表示まで同4時21分から5分間で記録した13・9%だった。深夜としてはいずれも驚異的な数字を記録したことになる。

 また関西地区ではプルシェンコの棄権の解説をしていた同0時57分など2時点の16・3%、羽生得点表示後の同2時50分で記録した15・3%、町田の得点表示得直前の同4時25分で13・8%の高い数字を記録。高橋大輔(27=関大大学院)町田の地元である関西地区での注目の高さがうかがえる数字となった。

続きを表示

この記事のフォト

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「カトパン突撃」特集記事

2014年2月14日のニュース