羽生、4回転で転倒も調子「まあまあ」 プルシェンコから刺激

[ 2014年2月11日 05:30 ]

ソチ五輪フィギュアスケート男子

 19歳の羽生も、13日の男子SPへ向け本番会場で調整した。4回転サルコーで激しく転倒するシーンもあったが「調子はまあまあ。ここから一歩一歩、調整に入ると思う」と意に介さない。

 団体SPでは憧れのプルシェンコの演技は見られなかったものの、フリーでは試合を初めてライブで観戦。「感動した。6分間練習の仕方とか参考になった」。金メダルを狙う個人戦へ「しっかり日の丸を背負って全力の演技ができるようにしたい」と力を込めた。

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「カトパン突撃」特集記事

2014年2月11日のニュース