五輪代表選考でコフトゥンのタラソワコーチ プルシェンコを支持

[ 2014年1月20日 19:30 ]

 ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子のロシア代表選考で、同国選手権を初優勝したマキシム・コフトゥンを指導するタチアナ・タラソワ・コーチが19日、五輪代表については「(2006年トリノ五輪金メダルの)エフゲニー・プルシェンコがふさわしい」とライバルを支持する考えを明らかにした。ロシア通信が報じた。

 18歳のコフトゥンがブダペストで行われた欧州選手権で5位に終わったため、男子1枠の五輪代表はロシア連盟が同国選手権で2位だったプルシェンコを対象に21日に異例のテストを実施し、22日の選考会議で代表を決定する。31歳のプルシェンコは過去3度の五輪で金1個、銀2個のメダルを獲得している。(共同)

続きを表示

「女子アイスホッケー代表 スマイルジャパン」特集記事

「坂本花織」特集記事

2014年1月20日のニュース