押切 3位で五輪に望み!中高“ライバル”菜那に感謝

[ 2013年12月28日 05:30 ]

女子1500メートルでガックリと肩を落とす高木菜那(左)の横で感激の涙を流す押切

スピードスケート ソチ五輪代表選考会第1日 女子1500メートル

(12月27日 長野市エムウエーブ)
 3位には押切美沙紀(富士急)が滑り込んだ。同走は中学・高校と共闘してきた高木菜。「タイムも結果もずっと切磋琢磨(せっさたくま)してきた菜那のおかげ。不安な部分もあったけど、きちんと国内ベストを出せたのでうれしい」とはにかんだ。

 押切は10月の全日本距離別選手権で不調に終わりW杯代表から落選。だが、今大会で表彰台に立ち、五輪切符に望みをつないだ。

 【女子】 ▽1500メートル (1)田畑真紀(ダイチ)1分59秒05(2)菊池(富士急)1分59秒39(3)押切(富士急)1分59秒64(4)高木菜(日本電産サンキョー)1分59秒67(5)高木美(日体大)1分59秒93(6)小平(相沢病院)2分0秒42

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「カトパン突撃」特集記事

2013年12月28日のニュース