ロンドン・パラリンピック日本選手団が解団式

[ 2012年9月10日 21:48 ]

 ロンドン・パラリンピック日本選手団の解団式が10日、選手や役員、在英日本大使館関係者ら約250人が出席してロンドン市内のホテルで行われ、団旗が開会式で旗手を務めた競泳男子の木村敬一(東京都)から中森邦男団長を経て、日本パラリンピック委員会の鳥原光憲委員長に返還された。

 解団式では車いすテニスの男子シングルスで2連覇を達成した国枝慎吾(千葉県)や、初の金メダルを獲得したゴールボール女子の活躍が報告された。中森団長は「世界の強化が進む中、16個のメダルは大健闘」と選手をねぎらった。選手団の本隊は11日と12日に分かれて帰国する。(共同)

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「女子アイスホッケー代表 スマイルジャパン」特集記事

2012年9月10日のニュース