北島 進退明言せず「ゆっくり時間かけて考えていきたい」

[ 2012年8月21日 16:04 ]

水泳教室で小学生を指導する北島康介(左端)

 ロンドン五輪の競泳男子400メートルメドレーリレーで銀メダルを獲得した北島康介(日本コカ・コーラ)が21日、東京辰巳国際水泳場で水泳教室を開き「自分の限界をつくらないで取り組むことが大事。僕にはできるという気持ちを持って挑戦してほしい」と、応募で集まった全国の小学生約200人に語りかけた。

 一緒に泳いだりしながらの技術指導で子どもたちと交流し「水泳の楽しさを共有できた。自分も勇気づけられた」と笑顔を見せた。29歳の北島は3連覇が懸かっていた同五輪の平泳ぎ2種目で表彰台を逃したが、去就については「どこに目標を置くか、ゆっくり時間をかけて考えていきたい」と話すにとどめた。

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「女子アイスホッケー代表 スマイルジャパン」特集記事

2012年8月21日のニュース