宮間が泣いた…なでしこをまとめた主将、敗戦の瞬間に感情爆発

[ 2012年8月10日 08:52 ]

米国に敗れ、涙を流す宮間(中央)と、抱きしめる大儀見。右は丸山

ロンドン五輪サッカー女子決勝 日本1―2米国

(8月9日 ロンドン)
 試合終了の瞬間、泣き崩れたなでしこジャパンの宮間。米国に敗れて金メダルを逃した27歳の主将は「チーム一丸となってやり切れたことを誇りに思っている。結果は銀だったが、お互いを信じてやってこられた。みんなに感謝している」とチームメートへの感謝を口にした。

 試合では最後までチームを引っ張った。前半33分にはクロスバーを直撃する惜しいシュート。得意のFKでは何度もチャンスをつくり、後半18分には大野の足元にスルーパスを出し、大儀見のゴールを演出した。

 今年2月に沢から主将を引き継ぎ、個性的なメンバーをまとめて日本女子初のメダルに導いた宮間。表彰式では晴れやかな表情を見せ、銀メダルを手に胸を張った。

続きを表示

この記事のフォト

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「カトパン突撃」特集記事

2012年8月10日のニュース