×

卓球女子団体 「銀」の真相 3人はライバルから信頼関係へ変わった

[ 2012年8月8日 08:05 ]

銀メダルを手に笑顔の(左から)福原愛、平野早矢香、石川佳純

ロンドン五輪卓球

 7日の女子団体決勝で、日本は前回北京大会優勝の中国にストレートで敗れた。第1試合のシングルスで福原愛(23=ANA)が李暁霞に1―3で敗れ、第2試合は石川佳純(19=全農)が丁寧に0―3。石川と平野早矢香(27=ミキハウス)が組んだ第3試合のダブルスでも勝てず日本卓球史上初めての五輪メダルは銀となった。

 以前の3人は仲間意識よりもライバル心が強かった。女子の村上恭和監督(54)は「仲良し3人組で強くなれるわけがない。対抗意識があったからこそ成長した」と言う。五輪シングルスのシード争いを続けた福原と石川は国際大会の遠征先で言葉を交わさないこともあった。一枚岩でなかった3人は今春の世界選手権団体で6大会ぶりにメダルを逃した。チームは崩壊寸前だった。

 だが3人が代表に決まると合宿などで一緒の時間を共有し、絆は深まった。まとめ役は最年長の平野。準決勝の前夜は福原と深夜まで語り合い、石川には対戦選手の情報を細かく伝えた。

 福原は平野に「お互い頼って頼られる信頼関係がある。私の性格を一番知り尽くしている」と感謝する。福原はおっとりした性格ながらプレーは速攻が武器。石川は左利きで大胆なプレーが持ち味。平野は真面目な性格で粘りが身上だ。認め合い、競い合った3つの個性が心を一つにして戦い抜いた五輪。メダルの色は「銀」でも、その輝きが消えることはない。

続きを表示

この記事のフォト

「北京五輪」特集記事

「パラリンピック」特集記事

2012年8月8日のニュース