48キロ級の福見 要注意は谷撃破で北京金のドゥミトル

[ 2012年7月1日 06:00 ]

強化合宿で練習する福見

 柔道のロンドン五輪女子代表7選手らによる強化合宿が30日、北海道釧路町で公開された。ライバルの研究が進む今合宿では、48キロ級の福見友子(27=了徳寺学園職)が、北京五輪金メダリストで順当なら準決勝で対戦予定のアリナ・ドゥミトル(29=ルーマニア)を“最初のヤマ”に指名。欧州選手権で8度目の女王に輝いたベテランの復調ぶりを警戒した。

 26日に27歳を迎えた福見の目に、闘志の炎が浮かんだ。「欧州選手権のビデオを見ていると、ドゥミトル選手が調子を上げていると感じた」。警戒するのは北京五輪女王で4月の欧州選手権で8度目の優勝を飾った29歳のベテランだ。北京では3連覇を狙った谷亮子(現参院議員)を準決勝で撃破。くしくも世界ランク2位で第1シードの福見が同5位で第4シードのドゥミトルと対戦するのも準決勝となる見込み。過去4戦4勝と相性はいいが「今まで体調が悪かったみたいだけど(五輪にピークを)合わせてきてるなあと。勝ちに徹してくると思うので対処したい」

 今合宿は五輪まで最長の10日間。ライバル研究の時間も増え、対戦相手を想定しての練習に時間を割く。「自分で考えながらやるのは充実感がある。それで金メダルなら達成感もある。絶対に獲りたい」と言い切った。

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「カトパン突撃」特集記事

2012年7月1日のニュース