SGカウントダウンコラム

SG「グランプリ」17日開幕 あと6日、G1「クイーンズクライマックス」28日開幕 あと17日

[ 2019年12月11日 05:30 ]

峰竜太(右)と松本晶恵
Photo By 提供写真

◆峰、今年G1で大暴れ!連覇へ闘志満々

 総合賞金ランク4位はディフェンディングチャンピオンの峰竜太。昨年は賞金ランク2位で出場。枠番抽選に恵まれず2度も5号艇を引かされ、1度目は5着の大敗。しかし、2度目は強烈なまくり差しで道を開きファイナルのポールポジションを勝ち取った。最後は深い位置からの起こしに屈することなく黄金のヘルメットを手に入れたのだ。今年は8月の大村メモリアル準優FのペナルティーでSGから姿を消すことになったが、気持ちを切らすことなくG1で大暴れ。積もりに積もった闘志を年末の頂上決戦にぶつける。

◆松本、ワンランク上の運びで3Vに照準

 女子賞金ランク4位の松本晶恵もディフェンディングチャンピオンとして参戦。今回が8回目と歴史の浅いクライマックスで唯一2度の優勝を飾っているのが松本だ。1度目(16年・平和島)の優勝は抽選運を味方に2、2、1枠からポールポジションを獲得。しかし、昨年は6、4、5枠から好成績を収めファイナル1号艇をゲット。ワンランク上の運びで勝利をつかんだ。今年はどんな戦いを見せてくれるのか楽しみだ。

 12日は総合賞金ランク3位の石野貴之選手、女子賞金ランク3位の守屋美穂選手を紹介する。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る