SGカウントダウンコラム

SG「第22回チャレンジカップ」19日開幕 あと4日 ボートレース桐生

[ 2019年11月15日 05:30 ]

丸野一樹(左)と桑原悠
Photo By 提供写真

《注目選手2》

◆桑原、G1初V、SG初出場初優出など大暴れ

 今年最も飛躍した選手は大山千広だろうが、男子なら桑原悠を挙げたい。2月の九州地区選(芦屋)で、3カドから豪快にまくってG1初制覇。この優勝で権利を得た3月の戸田クラシックでSG初出場。初日6Rで、6コースから鮮やかにまくり差してSG初勝利。その後も2勝を加え、予選5位で準優進出。5号艇で優出を果たして、3着に入る大健闘を見せた。その後もグラチャン、メモリアルと立て続けにSGに参戦。地元・大村で行われたメモリアルでも準優進出(3着)を果たし、節間4勝を挙げる活躍を見せた。

◆丸野、地元・びわこで銘柄級下しG1初制覇

 丸野一樹も今年ブレイクした選手の一人。今年だけで6勝を挙げているが、その中では8月に地元・びわこ周年で飾ったG1初制覇がひと際輝く。イン逃げを図る長田頼宗を、3コースから鮮やかにまくった。優勝戦では桐生順平、瓜生正義、今垣光太郎といった銘柄級を下しての優勝だけに、価値は高い。しかも予選最終日に不良航法による減点7を科せられ、予選トップ通過を逃してのV。気落ちすることなく、逆境をバネにするハートのタフさを示した。

 16日は守屋美穂、平高奈菜選手を紹介。 

続きを表示

バックナンバー

もっと見る