SGカウントダウンコラム

SG「第24回オーシャンカップ」10日開幕 あと2日 ボートレースとこなめ

[ 2019年7月8日 05:30 ]

太田和美(右)と石野貴之
Photo By 提供写真

≪注目選手(4)≫

◆太田、グラチャンあと一歩でV…今度こそ

 出場メンバー中、当地でのSG優勝の実績があるのは太田和美ただ一人。13年に開催されたグラチャンで自身6度目のSG制覇を達成した。翌14年のチャレンジカップを最後にSG優勝から遠ざかるが、前回のSG多摩川グラチャンでは久々に存在をアピール。15年11月のチャレンジカップ以来のSG優出を決め「優勝よりも納得できるレースを」と、公言通り強烈な2コース差しをさく裂。あと一歩で優勝という見せ場をつくり、軌道修正という意味では大成功のレースを披露。実績のある水面でSG戦線完全復活ののろしを上げる。

◆オーシャン3冠の石野、得意大会でSGV7決める

 オーシャンカップと抜群の相性を誇るのが石野貴之だ。自身初のSG制覇となった10年開催の第15回大会(まるがめ)を皮切りに15年の第20回(三国)、16年の第21回(鳴門)を連覇。オーシャンカップ最多Vは4冠の松井繁。その記録を追うのが3冠の石野なのだ。一時の勢いが凄かっただけに現状に物足りなさを感じてしまうがGⅠ、SG戦線でコンスタントに優出。相性抜群の大会で17年グラチャン以来となる7度目のSG制覇へ準備を整える。

 9日はシリーズの総展望を掲載する。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る