PR:

PG1「第31回レディースC」8月1日開幕 あと6日 ボートレース芦屋

ボートレース芦屋の水面
Photo By スポニチ

 福岡県北部に位置する芦屋町にあるボートレース芦屋。1954年に全国初のオール女子レースを開催し、女子戦発祥の地といえる。2013年には第2回クイーンズクライマックスが行われた。10年から業界初のモーニングレースを実施。今大会はサマータイム(1Rスタート展示12時15分)で開催される。

◎オール女子レース初めて開催した女子戦発祥の地

 水質は淡水のプール。1Mから対岸までの距離は87メートルと比較的広く、対岸に群生する葦(あし)が消波装置の役割を果たし、安心して握って回れる。昨年7月〜今年6月の1コース1着率は全国平均(51・5%)を大きく上回る58・1%。特別戦(G2以上)以外の1〜5RでA級選手を1号艇に配置した企画番組「サンライズレース」を実施しているのが要因だ。本来はスピード自慢の全速まくりや全速差しが有効な水面。枠番を均等に振り分けるSG、G1の場合、1着率1・4%の6コース以外ならどこからでも勝負可能といえる。

◎1コース1着率全国平均上回る58・1%、エース機候補は17、25号機

 現行エンジンは今年6月から使用開始し、パワー相場は未知数。現時点でエース機候補に挙げられるのが17号機と25号機だ。

 27日は海野ゆかり、山川美由紀両選手を紹介する。

[ 2017年7月26日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:07月20日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース