×

今週の丸山元気!

セキテイオー 未勝利を勝つ力はある

[ 2022年3月11日 13:15 ]

◎丸山元気騎手のコメント

今週は土日合わせて11鞍に騎乗します。

ストロングフォース(土曜3R)は前走脚を使ってくれたようにダートは合っていますね。ただ、今週の追い切りで少し重たく感じたので、その辺がどうかです。

クイーンアポーン(土曜4R)はメンコを外した前走がいい位置で運べましたし、内容は良かったと思います。今回も前走のような競馬をしてどこまでやれるか。相手次第ですね。

セキテイオー(日曜5R)の前走は最後モタれていました。中間乗っていないので状態はわかりませんが、休ませて良くなっていれば、未勝利を勝つ力はあります。

ショウナンダール(日曜6R)の前走は半信半疑でしたが、強かったですね。まだこれからの馬ですが、それでも叩いて動きは良くなっていますし、中山に替る点も心配していません。相手は強くなりますが、どこまでやれるか楽しみはあります。

今週も応援をよろしくお願いします。

◎山崎の見解
土曜日
3Rストロングフォース ☆☆
 前走は出遅れて後方からの競馬になったが、直線で差を詰め8着。展開が向けば上位食い込みがあっても。ダート替りで一押しを狙うキーワード、渋太さがあるセイゲン、前走は脚を余したパフオブウインドが上位候補か。

4Rクイーンアポーン ☆☆
 前走は好位から渋太く粘り4着と、いつもより前で競馬ができたのは収穫。やや低調なメンバー構成で持ち時計はヒケを取らず、展開ひとつで上位食い込み可能。休養効果で動きが良くなったカプラローラ、渋太さがあるモンサンレジャンド、前走の末脚が目立っていたエコロシルヴィーが上位候補か。

5Rメイプルプリン ☆
 初戦は見せ場なく18着と大敗。休養効果で少しでも前進があればいいが…。前走が勝ちに等しい内容だったヴァンガーズハート、前走はスタート後の不利が応えたヴァロンダンス、一息入れて動きが良くなったサクセスシュートが上位候補か。

6Rアースロマン ☆
 前走は地方交流戦で、勝ち馬と1.6秒も離された4着。現状では恵まれないと…。叩いた上積み十分のミッキーキング、安定感が出てきたヒシアラカン、近2走は不利があったジャスティンパワーが上位候補か。

10Rスーパーウーパー ☆
 3勝クラスでは3戦して全て二桁着順。今回も軽ハンデだが、展開の助けがないと上位争いまでは…。前走の末脚が目立っていたトキメキ、近2走2着と安定しているジュビリーヘッド、立て直して動きが良くなったエムオーシャトルが上位候補か。

12Rエーアイダンサー ☆
 2勝クラスでは2戦してともに二桁着順とメドが立っていない。初めての芝1200メートルで新味が出ればいいが…。充実著しいアスクキングコング、距離短縮は好材料のゲンパチアイアン、安定しているプレシオーソが上位候補か。

日曜日
1Rキャリアデザイン ☆
 2戦ともに後方のまま14着。叩いた効果とブリンカー着用で少しでも前進があればいいが…。惜敗続きのネイリッカ、渋太さがあるエディッタ、好仕上がりのトーアリバティーが上位候補か。

5Rセキテイオー ☆☆☆
 前走は5着と着順は落としたが、好メンバーが揃っており評価は下がらない。一息入ったが動きは良く、今回のメンバー構成なら上位争い可能。センスが良いミファヴォリート、安定感があるロジマンボ、前走の末脚が目立っていたヴィプラツィオーネが強敵か。

6Rショウナンダール ☆☆☆
 前走は2番手から余力十分で抜け出し楽勝。中山替りは未知だが、大型馬で叩いた上積みは大きく、素質は1勝クラスでも通用。前走2着と昇級初戦でいきなりメドを立てたジョイス、ダートで変わり身を見せたギャラクシーナイト、前走は相手が悪かったワカミヤプレストが強敵か。

7Rサイード ☆☆
 休み明けになるが、調教の動きは休養以上。近2走は距離や出遅れで案外な成績だが、実績ある1200メートルに戻れば変わり身があっても不思議ではない。決め手上位のシゲルファンノユメ、距離短縮は好材料のスクルトゥーラ、堅実で相手なりに走れそうなスクリーンショットが上位候補か。

9Rラヴィンフォール ☆
 現級では6戦しているが、大敗続きでメドが立っていない。鞍上の腕で少しでも前進があればいいが…。好仕上がりのプレミアエンブレム、渋太さがあるアオイゴールド、末脚堅実なファユエンが上位候補か。

<山崎啓介>
1982年生まれの北海道出身。2007年に専門紙「一馬(現・優馬)」に入社。美浦の想定班で、若手の調教師、騎手との繋がりが深い。現在も「優馬」のホープとなるべく、日々勉強中。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る