×

今週の丸山元気!

レイオブウォーター 早め早めの競馬で

[ 2022年2月4日 17:30 ]

◎丸山元気騎手のコメント

今週は土日合わせて12鞍に騎乗します。

セイウンシデン(土曜4R)はこのクラスでもやれる力はありますが、1200メートルだった前走でも最後は歩いてしまったので、距離延長がカギになりますね。

レイオブウォーター(土曜11R)は持続力がある馬なので、前走勝った時のように早め早めの競馬でどこまで頑張ってくれるかです。

キタノリューオー(土曜12R)は中間乗って少し重い感じはありましたが、今週の追い切りで変わると思いますし、いいと思います。2勝クラスでも安定していますし、展開ひとつです。

スターオブフェイス(日曜1R)の前走は追走が楽でしたし、内容は悪くなかったと思います。気難しい面がある馬ですが、力を出し切れればいい脚は使えるので、うまくエスコートしたいと思います。

今週も応援をよろしくお願いします。

◎山崎の見解
土曜日
1Rランパデール ☆☆
 ここまで2戦して7、11着だが、立て直して調教の動きは良化。ブリンカー効果も見込め変わる可能性も。広い東京替わりは好材料のオーロラアーク、距離短縮でもう一押しを狙うラブミーディザイア、前走は相手が悪かったライズザトーチが上位候補か。

4Rセイウンシデン ☆☆
 ダートに替えて3、1着と安定した成績。1ハロン延長がカギになるが、スタートセンスは抜群で、展開ひとつで粘り込みがあっても。調教の動きが良いリメイク、前走の末脚が目立っていたアーサーテソーロ、前走は脚を余したスズカコテキタイが上位候補か。

10Rザイラ ☆☆
 前走は久し振りの1400メートルだったが、中団から渋太く脚を使い2着と上々の内容。今回はハンデ戦で斤量2キロ減。再度1400メートルなら上位食い込み可能。充実一途のウインシャーロット、末脚堅実なタイキスウォード、近走不利があり力を出し切れていないフランジヴェントが上位候補か。

11Rレイオブウォーター ☆☆
 大トビで広いコースの長距離は合っており、前走も着差以上に余力ある勝ち方。休み明けになるが乗り込み十分で仕上がりも良く、昇級でも差のない競馬ができそう。末脚堅実なエドノフェリーチェ、好仕上がりのワイドエンペラー、近走安定しているレティキュールが上位候補か。

12Rキタノリューオー ☆☆☆
 昨秋から本格化した印象で、2勝クラス昇級後も2、3着と安定した成績。最終追い切りで上々の動きを見せ仕上がりも良く、今回も上位争い可能。東京は好相性のアナンシエーション、渋太さがあるエコロファルコン、前走好タイムで1勝クラスを勝ち上がったオブデュモンドが強敵か。

日曜日
1Rスターオブフェイス ☆☆
 気難しい面があり、広い東京に替わるのは好材料か。近2走の末脚も悪くはなく、やや低調な今回のメンバー構成なら上位食い込みがあっても。立て直して好仕上がりのミユキアイラブユー、マイペースなら渋太いエコロドラゴン、ダートでもう一押しを狙うザアトム、一叩きし動きが良くなったメテオフリューゲルが上位候補か。

2Rソアリング ☆
 ここまで3戦しているが、7着が最高着順。距離延長で少しでも前進あればいいが…。前走の末脚が目立っていたブレットフライ、長くいい脚を使えるセンジュ、先行できれば渋太いサバンナモンキーが上位候補か。

3Rタイコネン ☆
 乗り込み量は十分だが、まだ目立った時計が出ていない。使いつつ良くなってからのタイプか。パワフルな走りをしているジュウセンシャ、いいスピードがあるロジマスタング、一追い毎に動きが良くなっているノーブルオーキッドが上位候補か。

4Rテンナイトパール ☆☆
 もうワンパンチほしいが、最後は脚を使い差は詰めるタイプ。直線の長い東京替わりは好材料で、前進は可能か。長期休養明けだが動きが良いステディシュシュ、安定した成績のキングスフィリア、末脚堅実なズールーが上位候補か。

9Rセレブレイトガイズ ☆
 前走はハイペースで展開が向いたとはいえ、長くいい脚を使えることを改めて証明。瞬発力勝負になった時にどうかだが、昇級でも能力は見劣らない。重賞だった前走でも差のない競馬をしているポッドボレット、東京替わりは好材料のレッドランメルト、器用さがあるスリーエクスプレスが上位候補か。

10Rコウソクスピード ☆
 3勝クラスでは4戦して9着が最高着順。去勢効果とブリンカー着用でどこまで変わるかだが…。昇級初戦の前走でいきなりメドを立てたブッチーニ、ダート適性高いジュリオ、揉まれなければ渋太いシゲルタイタンが上位候補か。

12Rノーベルプライズ ☆☆
 乗り難しい面はあるが、終いの脚は堅実。直線の長い東京で展開の助けがあれば上位食い込みがあっても。前走は不利があったゴーストレート、前走は前が詰まり脚を余したマイグレーション、叩いて動きが良くなったロコポルティが上位候補か。

<山崎啓介>
1982年生まれの北海道出身。2007年に専門紙「一馬(現・優馬)」に入社。美浦の想定班で、若手の調教師、騎手との繋がりが深い。現在も「優馬」のホープとなるべく、日々勉強中。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る