今週の丸山元気!

エーアイダンサー ダートの方が合っている

[ 2021年7月23日 14:03 ]

◎丸山元気騎手のコメント
今週は土日合わせて9鞍に騎乗します。

エーアイダンサー(土曜3R)はもっとやれてもいい馬ですが、近走が案外。2走前に乗らせてもらった時は芝でしたが、ダートの方が合っていますし、いい面を見せてほしいですね。


エフティレーヴ(土曜7R)は悪くない馬ですよ。終いシュッときそうな感じですし、そういう競馬をして、あとはハマるかどうかですね。


アブルハウル(土曜8R)は調教の時計は悪くはありませんが、いい頃と比べると動きがもうひとつに感じます。地力でどこまでやれるかですね。


ミトロジー(日曜10R)は動きは良いので、あとは展開次第ですね。


グレイトゲイナー(日曜11R)は乗りやすい馬ですし、陣営からは具合が良いと聞いています。直線競馬はやってみないとわかりませんが、この馬の能力を引き出せるように頑張りたいと思います。

今週も応援をよろしくお願いします。

◎山崎の見解
土曜日
3Rエーアイダンサー ☆
 新馬戦で3着があるが、近走が物足りない内容。先行有利の新潟ダート1200メートルで、どこまで粘れるかだが…。末脚堅実なスズカエアベル、3戦連続で2着のアポログランツ、調教の動きが良くなったモーニングアップが上位候補か。

5Rフランドルブリエ ☆
 乗り込み量は十分だが、なかなか時計が詰まってこない。使いつつ良くなってからのタイプか。軽快な動きを見せ仕上がりも良いコリエンテス、水準以上の動きを見せているムーンリットナイト、好馬体で素質秘めるプルサティーラが上位候補か。

7Rエフティレーヴ ☆
 2走前に4着と健闘しているが、勝ち馬とは1秒2も離されたもの。動きは悪くはないが、現状では展開の助けがないと…。決め手上位のサンフローリス、長くいい脚を使えるシーニックウェイ、大型馬らしく一叩きして動きが良くなったラヴィズポイズンが上位候補か。

8Rアブルハウル ☆☆
 気難しい面は残るが、2走前に3着するなど現級でも通用する力はある。まだ本調子には一息のようだが、能力全開なら上位食い込みがあっても。渋太さがあるリンガスウォリアー、差す競馬が板に付いてきたエコロカナワン、前走は出遅れが応えたアサクサマヤが上位候補か。

日曜日
5Rユイノゴトク ☆☆
 1週前にウッドコースで5ハロン65秒台の好時計をマーク。まだ幼い面はあるが、仕上がりは良く初戦から上位食い込みがあっても。好馬体で抜群の動きを見せているサトノジーク、一追い毎に動きが良くなっているレヴァンジル、良血馬で仕上がりも良いコンジャンクションが上位候補か。

6Rニシノランディ ☆
 併せ馬中心に乗り込んでいるが、時計が詰まってこない。使いつつ良くなるタイプか。センス十分の走りで動きも目立つジレトール、スピード感十分の走りを見せているストームゾーン、栗東坂路で好時計をマークしているイダマンテが上位候補か。


7Rカイトエイティー ☆☆
 前走は15着に敗れたが、休み明けに加えてハイペースを先行したもので、大敗は仕方のない結果。芝適性は未知だが、叩いた上積みが見込める今回は前進可能。実績ある新潟内回りに替わるのは好材料のマイネルレガシー、堅実なダノンターキッシュ、前走の末脚が目立っていたランドヘルツが上位候補か。


10Rミトロジー ☆☆☆
 過去に現級で2着2回があり、今回と同じ新潟1800メートルで勝ち鞍もある。末脚は堅実なタイプで、展開ひとつで上位争い可能。自己条件なら力量上位のランドオブリバティ、決め手上位のオーマイダーリン、惜しい競馬続きのアルディエンテが強敵か。


11Rグレイトゲイナー ☆☆
 ここにきて力を付けている印象で、近走で大きく崩れたのは出遅れた4走前のみ。直線競馬の適性は未知だが、前に行けるスピードはあり、今の充実振りなら重賞挑戦でも差のない競馬ができそう。一昨年のアイビスSDの覇者ライオンボス、末脚堅実なモントライゼ、前走で直線競馬の適性を示したタマモメイトウが上位候補か。

<山崎啓介>
1982年生まれの北海道出身。2007年に専門紙「一馬(現・優馬)」に入社。美浦の 想定班で、若手の調教師、騎手との繋がりが深い。現在も「優馬」のホープとな るべく、日々勉強中。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る