今週の丸山元気!

ベッラノーヴァ 楽にいい時計出た

[ 2021年5月28日 16:40 ]

◎丸山元気騎手のコメント

今週は土日合わせて8鞍に騎乗します。

ベッラノーヴァ(土曜6R)は追い切りに乗っていますが、いいですよ。今週はあまり速い時計を出すつもりはありませんでしたが、それでも楽にいい時計が出ましたからね。1400メートルに短くなるのもいいと思いますし、楽しみにしています。

ニシノライトニング(日曜5R)は中間乗っていますが、使っているなりの感じです。距離1600メートルも少し長いと思いますが、終い勝負でどこまでやれるかです。

スイーツビュッフェ(日曜6R)は前走のように右にモタれなければ1400メートルでも大丈夫だと思います。モタれる面を見せていた前走でも2着にきているように力はあるので、スムーズな競馬ができるかどうかですね。

今週も応援をよろしくお願いします。

◎山崎の見解
土曜日
1Rカイトエイティー ☆☆☆
 休み明けになるが乗り込み十分で、新馬戦ではタイム差なしの2着。前走は砂を被る競馬で7着に敗れたが、スムーズなら上位争い可能。器用さがあるアドヴェントイヴ、前走の末脚が目立っていたステディシュシュ、前走はチグハグな競馬だったグラスピレが強敵か。

5Rノワールドゥジェ ☆☆☆
 2000メートルに戻した前走は、メンバー最速の上がりを使い2着。中1週になるが中間も順調で、今回も上位争い可能。スタートに課題は残るが末脚堅実なギャラクシーエッジ、渋太さがあるマイネルグロン、大崩れがないマイネルマーティンが強敵か。

6Rベッラノーヴァ ☆☆☆☆
 前走は道悪で9着に敗れたが、2走前にG3フェアリーSで3着するなど、1勝クラスなら能力上位。1400メートルに短縮されるのも歓迎で、巻き返しは十分可能。いい決め手を持ってきるペイシャフェスタ、末脚堅実なクインズセージ、持ち時計上位のヴェールクレールが強敵か。

8Rヌンカプト ☆
 1勝クラスでは8戦して馬券圏内がなく、前走も後方のまま10着。展開が向けば前進は可能だが…。去勢後安定しているピースボヌール、前走の渋太さに見所があったタシロ、初ダートの前走が上々の内容だったシベールが上位候補か。

11Rメイショウベンガル ☆
 軽ハンデだったが、昇級初戦の前走が10着。先行力はあるが、もう少しクラス慣れが必要な印象。東京巧者で末脚も堅実なタガノビューティー、オープン特別なら能力上位のスリーグランド、近走安定しているブルベアイリーデが上位候補か。

日曜日
2Rキタノプレアー ☆
 ここまで6戦しているが、7着が最高着順。直線では差を詰めるが、現状では展開の助けがないと…。3戦連続で2着のキュムロンニンバス、安定感があるフクノルッカ、前走2着と1400メートルは合うヴィグルズマンが上位候補か。

5Rニシノライトニング ☆
 近2走の末脚は堅実で勝ち馬とは少差だが、初めての1600メートルが課題。末脚勝負でどこまでやれるかだが…。前走楽勝だったトモジャリア、前走の末脚が目立っていたアルーブルト、いい決め手を持っているマイナーズライトが上位候補か。

6Rスイーツビュッフェ ☆☆☆
 前走は出遅れて後ろからになったが、長くいい脚を使いタイム差なしの2着。直線の長い東京は合っている印象で、スムーズなら今回も上位争いは十分可能。4戦連続2着のデルマシャンパン、ダート短距離では底らしい底を見せていないケイアイメープル、休み明けだが好仕上がりのスワーヴヨハンが強敵か。


<山崎啓介>
1982年生まれの北海道出身。2007年に専門紙「一馬(現・優馬)」に入社。美浦の想定班で、若手の調教師、騎手との繋がりが深い。現在も「優馬」のホープとなるべく、日々勉強中。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る