今週の丸山元気!

ロフティフレーズ 軽ハンデ生かして

[ 2021年3月12日 15:45 ]

丸山騎手
Photo By 提供写真

◎丸山元気騎手のコメント
今週は土曜は中山、日曜は阪神で合わせて10鞍に騎乗します。

ジンジャーブラッド(土曜1R)の前走は前に行けましたが、最後は休み明けの分。叩いて良くなりそうな感じがありましたし、今回は楽しみです。

ロフティフレーズ(土曜11R)は本質的にはマイルの方が良いと思いますが、中山は得意ですし、1800メートルでもこなしていますからね。重賞でどうかですけど、軽ハンデを生かしてどこまでやれるか。

マイグレーション(日曜7R)は前走だけではまだ何とも言えませんが、落ち着きがあって精神面の成長は感じました。長距離輸送がありますが、平常心でいれば今回も頑張ってくれると思います。

今週も応援をよろしくお願いします。

◎山崎の見解
土曜日
1Rジンジャーブラッド ☆☆☆☆
 前走は休み明けだったが、それでも渋太く粘り0.2秒差4着。最終追い切りで上々の動きを見せたように、大型馬で叩いた上積み十分。距離延長もプラスに出そうな印象があり、上位争い可能。一叩きして調教の動きが良くなったタッカーハート、2戦連続で2着のスティルライフ、ダート替わりが魅力のホウオウハイエストが強敵か。

5Rウインカンターレ ☆
 今回が初出走。追い切り時計自体は悪くはないが、既走馬相手でもあり、一度実戦を経験した方が良さそう。5戦連続で2着のコスモマイン、立て直して好仕上がりのプレミアエンブレム、前走は幼さを見せたが素質は高いフィアスプライドが上位候補か。

9Rアコルドエール ☆☆
 前走は勝ち馬には離されたが、4角先頭から大バテせず5着と着順アップ。使いつつ良くなるタイプで、クラス慣れもしてきた今回は上位食い込みがあっても。長くいい脚を使えるアルーフクライ、末脚堅実なセイヴァリアント、安定感があるフルデプスリーダーが上位候補か。

11Rロフティフレーズ ☆☆
 中山は相性が良く、前走も8着とはいえ、着差は僅か0.3秒差。休み明けも苦にしないタイプで、52キロの軽ハンデなら重賞でも上位食い込みがあっても。オークス4着など現4歳世代のトップクラスの1頭リアアメリア、良血馬で素質開花してきた印象のドナアトラエンテ、昨年のこのレースの勝ち馬フェアリーポルカが上位候補か。

日曜日
1Rサイモンルピナス ☆☆
 前走は好位から脚を使いタイム差なしの3着。使いつつ渋太さが出てきた印象で、再度牝馬限定戦なら上位争い可能。前走は厳しい展開だったメイショウカイト、渋太さがあるゴールドフィンガー、立て直して調教の動きが良くなったアルムファーツリーが上位候補か。

2Rサンライズゴラッソ ☆☆☆☆
 ややワンペースな面は残るが、ここまで4戦して全て馬券圏内と堅実。大型馬の休み明けになるが、乗り込み量は十分。低調なメンバー構成でもあり、今回も上位争い可能。良血馬で立て直した効果もありそうなヴェラート、前走の末脚が目立っていたフォルテベローチェが強敵か。

6Rラヴベローナ ☆☆
 大崩れは少ないが、ワンパンチ足りない競馬続き。現状では展開の助けがないと…。立て直した効果で前走2着と好走したラボンダンス、末脚堅実なロードグリュック、使いつつ動きが良くなっている印象があるテイエムホイッスルが上位候補か。

7Rマイグレーション ☆☆
 2走前は出遅れて16着に終わったが、スタートが決まった前走が2着と好走。この中間も上々の時計をマークしているように好調キープ。前々で運べれば再度上位争い可能。渋太さ十分のメディーヴァル、いい勝負根性があるワーズワース、前走は展開が向かなかったフクウンが上位候補か。

8Rアルスラーン ☆☆
 前走は10着に敗れたが、2400メートルで距離が長かった印象。今回は3走前に3着と好走した2000メートル。太目の前走を叩いた効果も見込め、変わっても不思議ではない。阪神とは相性が良いウィズダイヤモンズ、前走は直線で躓く不利があったブルベアカロリー、休み明けも仕上がり上々のエールブラーヴが上位候補か。

12Rスラッシュメタル ☆
 過去に現級でも好走歴はあるが、近走が大敗続き。ダート替わりとブリンカー着用でどこまで変わるかだが…。阪神は相性が良く前走でメドも立てたファイアーボーラー、前走初の1400メートルでも対応し3着だったルモンド、前走の末脚が目立っていたオーロラテソーロが上位候補か。

<山崎啓介>
1982年生まれの北海道出身。2007年に専門紙「一馬(現・優馬)」に入社。美浦の想定班で、若手の調教師、騎手との繋がりが深い。現在も「優馬」のホープとなるべく、日々勉強中。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る