今週の丸山元気!

アドマイヤデルタ ヤル気足りないので稽古でチークP

[ 2020年11月6日 14:20 ]

◎丸山元気騎手のコメント

今週は土日合わせて9鞍に騎乗します。

ジンジャーブラッド(土曜5R)はまだこれからの馬、素質はありそうな馬で後々は走ってくるかもしれません。

オオシマサフィール(日曜2R)はやはり1400メートルくらいの短い距離の方が合っていますね。良馬場の方がいいタイプですし、チャンスはあると思っています。

エクセレントタイム(日曜5R)はいいモノは持っていますが、まだ緩さが残っています。後々は良くなってくると思いますが…。

アドマイヤデルタ(日曜8R)はヤル気が足りないので稽古でチークPを着けていますが、効果はありそうです。ダートも良いと思いますし、楽に行けるようなら変わってもいいと思っています。

今週も応援をよろしくお願いします。

◎山崎の見解
土曜日
5Rジンジャーブラッド ☆
 入念に乗り込まれている点は評価できるが、目立つ時計は出ていない。使いつつ成長してからか。渋太さがありダートは合いそうなシュルードアイズ、新馬向きの気性で馬体も太目感なく仕上がっているスキャッターシード、十分過ぎるほど乗り込み態勢整ったイグナイターが上位候補か。

7Rトンデンカムオン ☆
 乗り込みは豊富だが、まだ終いの伸びが一息。使いつつ力を付けてからか。最終追い切りで鋭い動きを見せたスーパービーム、水準の時計は出ているニシノコウメイとブライトギフトが上位候補か。

10Rヴァンランディ ☆☆
 前走中山で勝ったが、エンジンのかかりが遅く東京に替わるのはむしろ歓迎。末脚は堅実で、展開ひとつで上位食い込みがあっても。長くいい脚を使えるサトノウィザード、休み明けも好仕上がりのサトノエルドール、東京は2戦2連対のフィニフティが上位候補か。

12Rラムセスバローズ ☆
 過去に現級でも好走歴はあるが、近走成績が一息。鞍上の腕で少しでも前進があればいいが…。ハイレベルのユニコーンSでも4着と好走したサンダーブリッツ、大崩れが少ないパイロテクニクス、休み明けも好仕上がりのラティーンセイルが上位候補か。

日曜日
1Rトミケンカラバティ ☆☆
 初戦は出遅れて早めに追い上げるやや強引な競馬で9着。叩いた上積みが見込め、スムーズな競馬なら前進は可能。パワフルな走りでダートは合いそうなグアドループ、渋太さがあるエコロドラグーン、勝負根性があるノーリスが上位候補か。

2Rオオシマサフィール ☆☆☆
 前走は道悪のぶん最後伸びを欠いたが、スタートが決り内容は上々。良馬場なら食い込みがあっても。好仕上がりのゴールドベレー、前走の末脚が目立っていたワザモノ、2走前の末脚良く良馬場で巻き返しを狙うサンミラーが強敵か。

5Rエクセレントタイム ☆
 重賞勝ち馬マジックタイムの全弟で素質は秘めるが、まだ成長途上の印象。使いつつ良くなってからか。まだ幼さは残るが素質秘めるアレンシュタイン、長くいい脚を使えそうなジェニーアムレット、乗り込み十分で上々の動きを見せているフォークシーレディが上位候補か。

8Rアドマイヤデルタ ☆☆☆
 今回が初ダートになるが、北海道の洋芝で勝っているようにパワーのあるタイプ。2勝クラス昇級後は一息だが、初ダートで変わる可能性も。前走長くいい脚を使いメドを立てたサノハニー、昇級でも相手なりに走れそうなデルマクリスタル、好仕上がりでいい決め手を持っているムーランアンディゴが強敵か。

11Rプリンスオブペスカ ☆
 オープンに昇級後はワンパンチ足りない競馬続き。広い東京替わりと54キロの軽ハンデを生かし、どこまで善戦できるかだが…。好仕上がりでGIでも差のない競馬をしている実績馬ユーキャンスマイル、心身共に充実してきた上がり馬バレリオ、左回り巧者で末脚堅実なサンレイポケットが上位候補か。

<山崎啓介>
1982年生まれの北海道出身。2007年に専門紙「一馬(現・優馬)」に入社。美浦の想定班で、若手の調教師、騎手との繋がりが深い。現在も「優馬」のホープとなるべく、日々勉強中。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る