【ラジオNIKKEI賞】アレグロブリランテ 光る小回り実績、上原佑師「秋につながる競馬を」

[ 2024年6月25日 05:18 ]

 スプリングS2着の実績が光るアレグロブリランテは福島新馬戦(1着)でコースは攻略済み。小回り実績が光る。

 前走の皐月賞は15着大敗も、上原佑師は「時計が速かったし、ジョッキー(横山和)も“いい経験になった”と話していた。今回に生きてくれれば」と前向き。週末の天気は不透明だが「時計がかかった方が良い。秋につながる競馬を」と話していた。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月25日のニュース