【宝塚記念1週前追い】ジャスティンパレス ルメール手応え「フットワークは凄く柔らかくて良かった」

[ 2024年6月13日 05:08 ]

クリストフ・ルメール騎手を背にCウッドを3頭併せジャスティンパレス(右)
Photo By 提供写真

 ジャスティンパレス(牡5=杉山晴)は昨年の天皇賞・春以来のコンビとなるルメールが感触を確かめた。CWコース3頭併せで直線は1頭が脱落、先行するクロドラバール(3歳2勝クラス)と併せ馬。アタマ差遅れながら、6F80秒3~1F11秒7の好時計。

 ほとばしるパワーに「疲れた」とルメールは笑顔。「追い切りでは“走りたい”と言う感じだったけど、競馬に行けば落ち着いているから大丈夫。体の使い方、フットワークは凄く柔らかくて良かった。あと1本やれるから、競馬の日にはベストコンディションになると思う」と状態に満足げだった。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月13日のニュース