【福岡ボート 日本トーター杯最終日】12R優勝戦 松村敏のイン速攻に期待

[ 2024年5月28日 04:30 ]

集中力を研ぎ澄ませて逃げ切りを目指す松村敏
Photo By スポニチ

 ファイナルの焦点は松村敏(40=福岡)が藤山翔大(33=大阪)の捲りを止められるかどうか、となりそう。本命は松村。集中力を研ぎ澄ませた時は間違いなく質の高いスタートを決めてくる。強風で荒れ水面になるのもマイナスには働かないだろう。イン速攻に期待する。

 藤山はピンロク覚悟の捲り勝負。藤山が十中八九握って回るので、マーク位置の山田佑樹(37=岡山)は好展開が見込める。西村拓也(37=大阪)は波のない位置をうまく立ち回りたい。

 <1>松村敏 行き足、伸びは良くて展示タイム通り。そこは上位。回転不足の感じで出足、ターン回りはもう少しですね。スタートとレースに集中します。

 <2>西村拓也 足は悪くなくて、まとまっています。二重丸はつかないけど、整備をやってからはどの足も普通は十分。コースは勝てる位置を選択したい。

 <3>藤山翔大 3日目から仕上がってます。行き足、伸びは抜群で今の足は120点。チルトをどうするかだけ。コースはピット離れ次第。捲りだけ狙います。

 <4>山田佑樹 グリップ感があってターン出口で押す感じがある。ただ、向いてからの足は松村さんの方が強め。スタートは気持ち良くは行けてない。

 <5>森安弘雅 出ていくことはないけど、伸び寄りで中堅より少しいい。潮が低い時間帯なら乗れるし、出足も悪くない。スタートは届いてない。

 <6>村上遼 足は数字を考えれば十分。どちらかといえば出足寄りで悪くない。あとはスタート。展開はあると思うので、突ける足にはしておきたい。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月28日のニュース