【蒲郡ボート 日本財団会長杯争奪戦】優勝戦の主役は野中一平 ターン回りに自信あり

[ 2024年5月22日 04:30 ]

野中一平
Photo By スポニチ

 ボートレース蒲郡の「日本財団会長杯争奪戦」は最終日を迎え、12Rで優勝戦が行われる。主役は1号艇の野中一平だ。

 【12R優勝戦】イン死守でV逃げ

 好ピット離れの吉川がいても、インは野中が死守。スタート力を駆使してV逃げだ。中山は節イチ伸びを生かして初Vも。村上も大差ない仕上がりで要警戒。寺島は展開を待つ。川尻は繰り上がったツキを生かして。<1>から<2><3><4>BOX。

 <1>野中一平 足は中堅だけどターン回りは自信を持って行けた。行き足のいい人が多いので、そこを求めて調整。スタートは勘通り。

 <2>中山翔太 1マークは狙い通りのターンができた。伸びだけではなく全体的にいい。かなり力強い。

 <3>村上功祐 全体に少しずつ余裕があって、どこからでもスタートを決めやすい。狙える足と思います。

 <4>吉川喜継 出足、回り足中心にいいけど前半の接触のダメージがあるかも。ピット離れはいいので、出ればもちろん取りに行く。

 <5>寺島吉彦 舟の向きがいまひとつ。足は中堅だけど、出足にも伸びにも振れる感じ。バランスを取りたい。

 <6>川尻泰輔 良くなってきて普通。乗り心地はいいですね。ボートは交換になる。ピット離れはいい。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月22日のニュース