【まるがめボート 日本モーターボート選手会会長杯】合計140歳弾! 富山&高橋がベテランの貫禄

[ 2024年5月22日 04:30 ]

高橋二朗
Photo By スポニチ

 ボートレースまるがめの「日本モーターボート選手会会長杯」は3日目を迎える。

 2日目2Rで選手手帳の2番目に載る高橋二朗(75)、3番目の富山弘幸(65)が登場した。

 それだけでも珍しいのに、高橋が4カドから捲って5コースの富山が差し切るという、若手顔負けのレースでワンツー決着を決めた。

 2人合わせて140歳弾。しかも高橋は、後半8Rで3着、富山は11Rで2着。元気いっぱいだ。

 富山は「後半は乗りやすかった。最初より伸びは落ちたけど、こっちの方がレースはしやすい。回り足、1周タイムも出ていたしな」と話す。

 3日目はさらなる得点上積みを狙う。高橋は4R、富山は3、12Rに登場だ。

続きを表示

この記事のフォト

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月22日のニュース