×

【七夕賞】福島名物の難解ハンデ重賞 ヒートオンビートが実力と安定感で一歩リード

[ 2022年7月4日 05:11 ]

ヒートオンビート

 今週の福島メインは、サマー2000シリーズ開幕戦「第58回七夕賞」。当地の名物ハンデ重賞は、84年グレード制導入以降で1番人気がわずか4勝。荒れる難解重賞としても知られる。

 今年の中心はヒートオンビート。まだ重賞勝ちはないが2着2回。今年も中山金杯、日経賞3着、天皇賞・春4着と強敵相手に善戦を続けている。ハンデがポイントになりそうだが、実力と安定感で一歩リードの感がある。

 アンティシペイトは今春の同舞台・福島民報杯を5馬身差で快勝。まだ重賞では結果を残せていないが、舞台適性と充実ぶりは見逃せない。フォルコメンは徐々にオープンのペースに慣れ、前走のG3ダービー卿CTで頭差2着。マイルを中心に使われており、3歳時以来となる2000メートルへの対応が鍵。

 当地4勝の福島巧者ヴァンケドミンゴ、昨夏の小倉記念を制したモズナガレボシ、福島記念2着ヒュミドールなどローカル小回り巧者も多数参戦。今年も予想に頭を悩ませる一戦となりそうだ。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年7月4日のニュース