×

【葵S】戦い終えて

[ 2022年5月29日 05:00 ]

 ▼3着ブレスレスリー(M・デムーロ)3、4角で少し狭くてリズムを崩した。もったいなかった。

 ▼4着ウインモナーク(松岡)具合が下がり気味だった。きついペースの中、よく頑張ってくれた。

 ▼5着カイカノキセキ(鮫島駿)勝ち馬の後ろで進めることができた。2番手以降が流れなかった。

 ▼6着シゲルファンノユメ(藤岡佑)先行馬の後ろを取れれば十分に届くくらいの脚は使ってくれている。まだテンのスピードの不安定さがある。

 ▼7着ケイアイオメガ(藤懸)中2週でまだふわふわする感じが残っていた。馬群の中から抜けて脚は使っている。経験を積んでいけば。

 ▼8着カジュフェイス(秋山真)緩急をつける競馬をさせ、脚質転換をしているところ。最後はちょろちょろ来ている。

 ▼9着ニシノレバンテ(松田)折り合えば伸びてくれるかと思ったが伸びなかった。

 ▼11着テイエムスパーダ(国分恭)まともにつまずいて起き上がる時に力を使ってしまった。リズムが悪かった。

 ▼12着ヴィアドロローサ(横山和)緩さがある中で次につながる競馬はできた。追ってからの反応は良かったし伸びしろは感じた。

 ▼13着コラリン(池添)ゲートに入った瞬間から力が入り、くぐろうとしてトモに力が入ってスムーズにゲートを出られなかった。

 ▼14着ジャスパークローネ(武豊)走りが硬かった。行きっぷりも本来のものではなかった。

 ▼15着タヤスゴールド(江田照)左回りより右回りの方がスムーズ。

 ▼17着ゼットレヨン(酒井)直線を向いて全く余力がなかった。好位につけて、馬の後ろでためが利く競馬を教えないと。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年5月29日のニュース