×

【天皇賞・春】(4)ユーキャンスマイル スタミナ勝負希望、陣営「すっきり仕上がっている」

[ 2022年5月1日 05:30 ]

 ユーキャンスマイルは今年初戦の阪神大賞典が早めのスパートから5着。大江助手は「スピード勝負になるより時計がかかって、豊富なスタミナを生かすレースが希望」とイメージした。30日朝はCWコースを周回。「硬さもなく、すっきりと仕上がっている」と状態の良さに太鼓判を押した。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年5月1日のニュース