×

【次走】ロータスランドは安田記念

[ 2022年4月28日 05:00 ]

 高松宮記念2着ロータスランド(牝5=辻野)は安田記念(6月5日、東京)。

 サウジC8着以来のテーオーケインズ(牡5=高柳大)は帝王賞(6月29日、大井)の前に平安S(5月21日、中京)を使うプランが浮上。「来週、松山騎手に乗ってもらって判断します」と高柳大師。

 サウジアラビアG31351ターフスプリントを勝ったソングライン(牝4=林)はヴィクトリアM(5月15日、東京)で池添と再コンビ。サンデーレーシングが発表。

 中山牝馬S3着ミスニューヨーク(牝5=杉山晴)、福島牝馬S2着クリノプレミアム(牝5=伊藤伸)はヴィクトリアM。

 同5着ルビーカサブランカ(牝5=須貝)はマーメイドS(6月19日、阪神)。

 同6着ホウオウエミーズ(牝5=池上)もマーメイドS視野。

 阪神牝馬S7着クリスティ(牝5=杉山晴)は京王杯SC(5月14日、東京)。

 鎌倉S1着レモンポップ(牡4=田中博)は欅S(5月28日、東京)とアハルテケS(6月4日、東京)を視野。

 【3歳次走】
 皐月賞11着ビーアストニッシド(牡=飯田雄)はダービー(5月29日、東京)。

 フローラS5着ルージュエヴァイユ(牝=黒岩)はオークス(5月22日、東京)に登録。

 同7着ホウオウバニラ(牝=安田翔)はオークス、5月21日のカーネーションC(東京)、早苗賞(新潟)の3択。

 アザレア賞勝ちインプレス(牡=佐々木)は「熱発して青葉賞を回避しました。順調に乗り出せたら白百合S(5月29日、中京)を目標にしたい」と佐々木師。

 【矢作厩舎次走】ドバイG2ゴドルフィンマイルを制したバスラットレオン(牡4)は欧州遠征プランが浮上しており、英国G1サセックスS(7月27日、グッドウッド)から仏G1ジャックルマロワ賞(8月14日、ドーヴィル)へ向かうローテーションが有力。遠征する場合は引き続き坂井が手綱を取る。

 マイラーズC2着ホウオウアマゾン(牡4)は安田記念(6月5日、東京)。

 ダイオライト記念4着ダノンファラオ(牡5)は平安S(5月21日、中京)。

 フローラS2着パーソナルハイ(牝3)は引き続き吉田豊でオークス(5月22日、東京)へ。

 阪神の未勝利を圧勝したミスターホワイト(牡3)はプリンシパルS(5月7日、東京)か京都新聞杯(同日、中京)を視野。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年4月28日のニュース