×

【天皇賞・春】ディープボンド闘魂注入!和田竜にきっちり応えたラスト1F11秒5

[ 2022年4月28日 05:30 ]

開場直後のCWコースで速い時計を出したディープボンド
Photo By 提供写真

 今年こそ戴冠を。第165回天皇賞・春の追い切りで、昨年2着のディープボンドがCWコースで不良馬場をものともせず軽やかな動きを披露。悲願のG1獲りへ、万全の態勢を整えた。

 いつも通りの光景には安心感さえ感じる。1週前に強めの追い切りを消化し、当週は調整程度。ディープボンドの背には27年目のいぶし銀・和田竜。軽快な走り。追い切り後に前向きな言葉で相棒を褒める鞍上。変わらぬ光景が好調を物語っている。

 「いつも通り楽に走っているよ。いつも通り反応も良くて、乗っている以上に時計が出ている。いつも通り余裕のある動きで、乗っていて気持ちが良かった。その中でも時計が出ていますし、順調に来られている」

 開門直後のCWコースへ一番乗り。コース上には同馬のみ。主役は自分だと言わんばかりに単走で堂々と駆け抜ける。ラストは鞍上の手が少し動いて闘魂注入され、6F81秒4~1F11秒5でゴールした。前日からの降雨で不良馬場。それで前走時(6F82秒9)より速いこの時計なら好調以外のなにものでもない。大久保師も「前走より1秒くらい速いですよね。馬場を考慮しても、今回の方が馬の状態が上がっているのかなと」と満足げだ。

 昨秋はフランス遠征でG2フォワ賞を勝ち、暮れの有馬記念は2着。経験を積んで地力を蓄え、前走では阪神大賞典を連覇。昨年、3/4馬身差で敗れた天皇賞・春のリベンジ&悲願のG1制覇に向けて機は熟した。鞍上も「騎乗依頼をしてくれた前田オーナー、全ての方の思いを背負って、ぶつけないといけない。G1ホースにふさわしい馬。なんとかタイトルが欲しい」と自然と語尾が強くなる。

 指揮官にも強い思いがある。「親父もそうだったが、天皇賞は自分の中では大きいウエートを占めているレース。ダービーも好きですが、それと同じくらい大きいイメージを持っている。獲れるチャンスがあるのであれば、全力で獲りにいく」。春盾はこれまで5度の挑戦も、2着2回と悔しい思いをしてきた。父で94年3冠馬ナリタブライアンなどの名馬を管理した元調教師の大久保正陽氏は76年にエリモジョージで制しており、史上3組目の天皇賞・春父子制覇もかかる。師は「ミスなく、慢心することなく、冷静にかかっていきたい」と締めくくった。

 《大久保師07年も2着惜敗》大久保龍志師の父・正陽氏は76年エリモジョージで天皇賞・春を制覇。1番人気のナリタブライアンで挑んだ96年はマヤノトップガン(5着)との2強対決と言われたが、サクラローレルの2着に敗れた。息子は当レース初挑戦の07年エリモエクスパイアが11番人気ながら鼻差2着に健闘。08、09年アサクサキングスはともに1番人気の支持を集めたが、3、9着に敗れた。また、シルヴァーソニックを管理する池江泰寿師は、父・泰郎氏が91、92年メジロマックイーン、06年ディープインパクトで制しており、こちらも父子制覇がかかる。

続きを表示

「2022 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2022年4月28日のニュース