【愛知杯】ミスターX アンドヴァラナウト本命!良血馬が22年初戦でV発進決める

[ 2022年1月15日 05:30 ]

ミスターX
Photo By スポニチ

 中京の土曜メインは牝馬限定ハンデG3「第59回愛知杯」。先週、開幕週の芝はインを突いた先行馬の活躍が目立っていた。今週も引き続きAコースを使用。先行有利の傾向は続きそうだ。

 本命はアンドヴァラナウトを指名する。昨秋、同舞台のローズSで重賞初制覇。続く秋華賞3着は好位でロスなく立ち回ったものの、勝ち馬アカイトリノムスメの決め手に屈した。ただ、0秒2差の接戦でG1級の実力を示している。前走後は放牧で充電。帰厩後、稽古の動きが素晴らしく、最終追いは初コンビを組む松山を背に坂路4F55秒1~1F12秒6としまい軽快に動いた。池添学師は「指示通りの時計、内容で動きは良かった」と納得の表情。名牝ダイナカール、エアグルーヴの血を引く良血が22年初戦でV発進を決める。馬単(6)から(1)、(2)、(4)、(9)、(12)、(15)。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2022年1月15日のニュース