【大宮・東日本発祥73周年倉茂記念杯】地元平原・宿口・吉田の関東SS班勢ぞろい

[ 2022年1月14日 05:30 ]

倉茂記念杯をPRする近藤みやび (撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 大宮競輪で行われるG3「東日本発祥73周年倉茂記念杯」(15~18日)のPR隊が13日、東京・越中島のスポーツニッポン新聞社を訪問した。

 地元の平原康多を筆頭に、平原の後輩の宿口陽一、競輪祭を制した吉田拓矢と関東のSS班3人が勢ぞろい。南関を率いる深谷知広、快速・成田和也らを迎え撃つ。次代を担う119期の犬伏湧也は記念初登場となる。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため滞留5000人を上限として開催する。場内イベントでは15日にお笑いコンビ「トム・ブラウン」の爆笑ライブ、16日に埼玉県高校選抜ケイリンなどを実施。17日のトークライブに登場する大宮・西武園競輪アンバサダーの近藤みやびは「SS班の3選手に注目していますが、中でも平原選手を推させていただきます」と地元エースの3連覇を期待した。埼玉県県営競技事務所の渡辺和貴所長は「売り上げ目標は55億円」と力を込めた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2022年1月14日のニュース