×

マルシュロレーヌはサウジCが目標 秋田代表「引退レースとしてサウジCを視野に」

[ 2022年1月5日 19:56 ]

昨年のブリーダーズCディスタフで“大金星”を挙げたマーフィー騎乗のマルシュロレーヌ=中央(AP)
Photo By AP

 昨年11月に米G1・BCディスタフを制したマルシュロレーヌ(牝6=矢作、父オルフェーヴル)が、サウジカップ(2月26日、サウジアラビア・キングアブドゥルアジーズ競馬場、ダート1800メートル)を目指していることが分かった。キャロットファームの秋田博章代表がクラブ会報誌「ECLIPSE」で発表した。

 秋田代表はマルシュロレーヌの次走について、「もう一戦するとすれば、さらに一段高みに上がるべく、引退レースとしてサウジCを視野に入れたいと思います」とコメントした。現在、マルシュロレーヌは滋賀県のノーザンファームしがらきで調整されている。

 サウジカップには日本から他にテーオーケインズ(牡5=高柳大)が参戦予定。チュウワウィザード(牡7=大久保)も出走の可能性がある。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2022年1月5日のニュース