×

楽しみな新人・横山琉の戦列復帰

[ 2021年9月2日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・美浦=1日】小雨が降る中、新人騎手が着用する黄帽が躍動した。今春デビューの横山琉人(18=相沢)が今週、戦列に復帰する。7月21日の函館競馬場の調教中に落馬し、腓(ひ)骨を骨折。トレセン隣接の乗馬苑で騎乗を再開し、先週美浦で調教復帰した。「もうケガは大丈夫です!!幸い手術することもなく治りました」。18歳のにこやかな笑顔が小田には心地良かった。

 師匠・相沢師の勧めもあり、今夏の北海道シリーズに参戦。東西一流騎手がひしめく北の地で3勝(通算4勝)とエンジンがかかってきた中での離脱。それでも横山琉は「普段は会えない関西の騎手とも交流できて勉強になりました。実際にレースも行う競馬場で自分でメニューを考えて調教に乗れたのも新鮮でした。北海道に行って、良かったです」と目を輝かせた。

 札幌&函館では一日7~8頭の調教に精力的に騎乗し腕を磨いた。今週の新潟で復帰する。土曜7Rのエレガンスルブラ(牝3=相沢)などに騎乗予定。週末の出走表に「横山琉」の名前があったら小田は心から応援しようと思った。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2021年9月2日のニュース