【新潟新馬戦】ラブカヒルー 豪快な走り期待、森田師「体もいいし、筋肉がいい」

[ 2021年7月30日 05:30 ]

 好素材が集う新潟土曜5R(芝1600メートル)にラブカヒルー(牝=森田、父カレンブラックヒル)がスタンバイ。半兄に18年オーシャンSを勝ったキングハート、半姉に18年スプリンターズS2着、昨年CBC賞を逃げ切ったラブカンプーがいる良血だ。兄姉は名うてのスプリンター。妹はあえてマイル戦で始動する。目指すのはもちろん桜花賞。森田師は「体もいいし、筋肉がいい。豪快な走りをする。距離は千六でも」と期待する。鞍上に姉の背中も知る松山を配して初陣突破を狙う。 

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年7月30日のニュース