【新潟新馬戦】ラニュイエトワール 超抜の動き披露、尾形師「とにかく素晴らしい動きしている」

[ 2021年7月30日 05:30 ]

調教を終え厩舎に戻るラニュイエトワール(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 新潟土曜5R(芝1600メートル)で抜群の動きを見せているのがラニュイエトワール(牡=尾形、父ノヴェリスト、写真)。1週前追い(Wコース)で馬なりながらラスト1F11秒8を計時すると、やや重の最終追い(Wコース)も馬なりで5F68秒9~1F12秒0をマーク。尾形師は「とにかく素晴らしい動きをしている。出そうと思えば(5F)63秒台は楽に出そうだけど、気性的な面を考えてソフトな調教にしています」と話した。

続きを表示

「オールカマー」特集記事

「神戸新聞杯」特集記事

2021年7月30日のニュース