【函館新馬戦】ジャスティンスカイ“長男”初戦Vだ!新種牡馬キタサンブラック産駒

[ 2021年7月30日 05:30 ]

 函館日曜5Rは芝2000メートルで行われる。120年以上の伝統を誇る函館で「芝2000メートルの2歳戦」が行われるのは未勝利戦も含めて初めて。その“主役”を担うのが新種牡馬キタサンブラック産駒のジャスティンスカイ(牡=友道)だ。荻野琢(レースはルメール)は最終追いも含め3度追い切りに騎乗した。「ゆっくり乗れるくらい、折り合いがつきますね。乗っていて安定感があります。最初は緩いところもありましたけど、今週は体もカチッとしてきました。いい状態でレースにいけると思います」。19年1月19日に同産駒で真っ先に誕生した“長男”が初戦Vを狙う。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年7月30日のニュース