【佐賀8R・吉野ケ里記念】ノーフィアー鉄板

[ 2021年7月25日 05:30 ]

 2月にJRAから転入後、4戦4勝の(1)ノーフィアーのスピードが抜けている。4勝全て逃げ切り勝ちで前走も2着に5馬身差をつけて快勝。除外明けだが「普段は穏やかな性格で調整がしやすい馬。レースにいって気合が入る」と三小田師。鞍上・飛田との息もピッタリならば心配はない。

 相手本線はタガノキトピロ。休み明けの前走が佐賀トップクラスのハヤブサマカオーを破る好内容の競馬。叩き2戦目の上積みはあるだけに再び存在感を示してくれそう。暖かくなるにつれ状態が上向いてきたハッピーハッピー。今回も前々の競馬で勝負に出る。昨年の当レースを最後に勝ち星から遠ざかっているミスカゴシマだが出来は悪くない。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年7月25日のニュース